IBA JAPAN OFFICIAL BLOG

国際ボディーガード協会日本支部 オフィシャルブログ
Administered by CCTT INC.


<< 募集状況 | main | 2009年 IBA JAPAN 訓練スケジュール >>



IBA国際ボディーガードライセンスについて

IBA BODYGUARD TRAINING

INTERNATIONAL BODYGUARD ASSOCIATION
■IBA国際ボディーガードライセンスについて■

2009年11月更新


IBA(国際ボディーガード協会)が世界各国で実施しております、国際ボディーガード訓練や、
訓練修了後に取得可能な、IBA国際ボディーガードライセンス,エージェント(会員)
登録システム等について、多くのご質問・お問い合わせをいただいておりますので、
こちらでご案内させていただきます。

続きを読む >>をクリックして下さい)
1.IBA(国際ボディーガード協会)について
IBA(International Bodyguard Association)は、1957年にLucien Victor Ottによって
設立され、現在世界約100ヵ国で活動を行う、世界最古・最大のボディーガード組織です。
現在、本部はアイルランドにあり、General Director(会長)を、英国陸軍特殊部隊SAS
出身のJames Shorttが務めております。
IBAの国際エージェントには、SAS出身者はもちろんのこと、英国諜報機関MI5やMI6、
米国FBI,CIA,シークレットサービス,各国軍隊特殊部隊出身者などが、
名を連ねております。
その歴史と国際ネットワークの中で培われてきた、近代ボディーガード技術は、
多くの国で公的に認められ、警察や軍隊,その他の公的機関等に導入されております。

2.IBA国際ボディーガード訓練について
IBAでは、世界各国で同じ内容の訓練を実施し、国際社会において、どの国でも通用する
最高レベルのボディーガード技術を指導しております。
訓練内容は、IBA本部を中心に世界中で開発され続けており、常に世界最先端の技術と
知識の習得が可能となっております。
現在、IBA国際ボディーガード訓練は、IBA本部の厳しい訓練と審査に合格し、かつ、
様々な国での訓練と警護経験を持つ、約20名の認定国際ボディーガードインストラクターに
託されております。(2008年末現在)
一般エージェント(会員)と異なり、様々な国での頻繁な訓練や、高度な専門技術の教育を
受けることが義務付けられている国際ボディーガードインストラクターが、世界各国で、
責任を持って、国際ボディーガード人材の育成を行っております。

3.IBA国際訓練及び取得資格について
IBAでは、国際ボディーガードになるための訓練及び訓練修了時に取得できる資格等を
下記のように定めております。
LEVEL 1
 訓練時間:50時間
 認定資格:なし
 取  得:各国で発行する訓練修了証のみ
LEVEL 2
 訓練時間:50時間(総訓練時間数100時間)
 認定資格:各国の国内エージェント登録資格
 取  得:各国の国内エージェント証(IDカード)
LEVEL 3
 訓練時間:50時間(総訓練時間数150時間/IBA本部認定100時間)
 認定資格:IBA国際エージェント登録資格
 取  得:IBA国際エージェント証(IDカード),レッドピン
 認定条件:総訓練時間数150時間以上,国内試験及び審査合格
IBA国際ボディーガードバッジ
 認定資格:IBA認定国際ボディーガードバッジ取得資格
 取  得:認定国際ボディーガードバッジ
 訓練時間:IBA本部認定100時間を含む総訓練時間数150時間以上
 認定条件:LEVEL1-3を全て受講し、訓練修了時評価が「C+」以上の者
CIBG(認定国際ボディーガードライセンス)
 訓練時間:IBA本部認定250時間,海外実弾射撃訓練50時間以上を含む
      総訓練時間数300時間以上
 認定資格:認定国際ボディーガードライセンス(CIBG)
 取  得:国際ボディーガードライセンス証,CIBGピン
 認定条件:総訓練時間数300時間以上(本部認定250時間以上)
      海外実弾射撃訓練50時間以上
      国内試験及び審査の合格,国内からの推薦状
      IBA本部指定のレポート提出
      IBA本部指定のプレゼンテーション
      IBA本部審査の合格

IBA国際ボディーガード訓練内容はこちらをクリックして下さい


IBA認定バッジIBA認定バッジIBA訓練修了証
IBA国際ボディーガード認定バッジと訓練修了証


4.IBA国際ボディーガードライセンスについて
上記訓練で取得できるIBA国際ボディーガードライセンスは、現在世界約20ヶ国で
公的資格(オフィシャルライセンス)として認定されております。
日本におきましても、現在、オフィシャルライセンス化を進めておりますが、
2009年11月現在は、未だ民間資格となっております。

5.IBA JAPANエージェント及びIBA国際エージェントについて
IBA JAPAN国内エージェント登録
日本の方がLEVEL 2訓練を修了されますと、IBA JAPANの国内エージェント(会員)
資格が与えられ、登録をされますと、国内エージェント証が発行されます。
エージェント登録は任意で、強制ではありません。
エージェント登録期間は1年間または2年間で、この間、IBA JAPAN認定の
ボディーガードとして活躍することが出来ます。
登録期間は、年単位で更新することが出来ますが、こちらも強制ではありません。
エージェント登録料は、10,000円/年または15,000円/2年となっております。
IBA国際エージェント登録
LEVEL 3まで訓練を修了されますと、IBA本部認定の国際エージェント登録が
可能となります。
国際エージェント登録は任意で、強制ではありません。
登録期間は1年間または2年間で、1年毎または2年毎に更新が可能です。
国際エージェント登録をされますと、IBAのFull Memberとして、国際データベースに
登録され、国際エージェント証(IDカード)とピンバッジ(レッドピン)が
与えられます。
国際エージェント登録料は、20,000年/年または30,000円/2年で、これには、
IBA JAPAN国内エージェント登録料も含まれております。
IBA国際ボディーガード認定バッジ
LEVEL 3まで訓練を修了し、訓練評価「C+」以上を取得されますと、IBA本部認定の
IBA認定国際ボディーガードバッジの取得が可能となります。
このバッジの取得には、IBA国際エージェント登録が義務付けられております。
IBA国際ボディーガードバッジの所持は、IBA国際エージェント登録期間中のみ有効と
なっており、国際エージェント期間満了時に更新されない場合や、何らかの理由で
会員資格を剥奪された際には、バッジ所持資格も失い、返納義務が生じます。
バッジ認定には、登録料として21,000円が必要となりますが、これは初回時のみ
必要なものです。
IBA認定国際ボディーガードライセンス(CIBG)
IBA認定国際ボディーガードバッジ取得者で、訓練評価「B」以上,IBA本部認定250時間
以上,海外での実弾射撃訓練50時間以上を含む、総訓練時間数300時間を超えた方には、
CIBG(認定国際ボディーガードライセンス)の取得資格が与えられます。
取得資格を持つ方には、まず、日本国内での筆記試験及び審査を行い、
これに合格しますと、日本のNational DirectorがIBA本部への推薦を行います。
その後、IBA本部指定のレポートの提出,プレゼンテーションを行った後、
本部審査に合格しますと、12月末にIBA本部にて行われる授与式で、
認定国際ボディーガードライセンス(CIBG)が授与されます。

CIBGライセンス証CIBGピン
認定国際ボディーガードライセンス証とCIBGピン



*国内エージェント登録,国際エージェント登録の更新時には、
 新たに訓練を受講する義務はございません。
 ただし、ボディーガードとしてのご自身のスキルアップは、
 常に目指す必要があると、IBAは考えております。

*IBA JAPANでは、一度修了(合格)された訓練への再受講は、全て無料で
 行っております。(本部認定希望者の場合、認定料が別途かかります)

6.その他
・IBA本部では、CIBGよりもさらに上位レベルのランクを設定しております。
 Moniteur Memberやインストラクター,Professeur Memberがこれにあたります。
 CIBG取得後、さらに上位レベルを目指される方は、直接IBA JAPANまで
 ご相談下さいませ。
・IBA本部には、女性ボディーガードのための組織“IBA WOMEN'S BUREAU”
 設置しております。ここでは、世界中の女性ボディーガードが活躍しております。
・国際ネットワークを持つIBAでは、日本国内で実施の難しい訓練内容
 (銃器や爆発物など)について、海外でその訓練を実施しております。
 IBAのエージェント登録をされますと、世界中で開催されている訓練に、
 優先的に参加することが可能となっております。
・海外訓練参加で問題となりやすい言葉の問題につきましても、日本語が
 話せる者(またはが英語が話せる日本人)が同行致しますので、安心して
 訓練を受けることができるようになっております。
・IBAには、世界中のIBA国際エージェント及びセキュリティ会社等で構成される、
 IBS(International Bodyguard Service)というボディーガードの国際ネットワークが
 ございます。海外のVIPが来日する時や、日本のVIPが海外に渡航する時など、
 世界中どこへ行っても、全く同じボディーガードサービスを受けられる体制を
 世界規模で整えております。

IBA国際エージェントになるということは、これらの国際ボディーガード
ネットワークの一員になる、ということです。



その他、訓練内容や訓練費用,エージェント登録システム,2009年の
年間訓練スケジュール等については、下記のページをご参照下さいませ。

【IBA国際ボディーガード訓練・エージェントシステム】
http://www.iba-japan.com/system.html

【2009年 IBA JAPAN 年間訓練スケジュール】
http://www.iba-japan.com/SCHEDULE2009.html



以上となりますが、IBA国際ボディーガード訓練及びエージェント登録等に関して、
何かご不明な点やご質問等がございましたら、【オフィシャル掲示板】や、
【お問い合わせフォーム】をご利用の上、お問い合わせ下さいませ。

CCTT/IBA JAPAN(国際ボディーガード協会日本支部)

  検索用語:ボディガード 要人警護 身辺警護 警備 SP SP
  シークレットサービス CPO セキュリティー セキュリティ
posted by IBA JAPAN/CCTT INC. 15:00comments(0)trackbacks(0)


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://blog.cctt.cc/trackback/801222